川瀬浩介|KAWASE Kohske

作曲家・美術家|MUSIC × ART

光の音色:a tone of light (2012)

《光の音色:a tone of light》for Tokyo Skytree (2012)

川瀬浩介《光の音色》2012 音と光によるアンサンブル作品。過去から現在、そして未来へと続く悠久の時の流れと、儚くも雄大な自然の営みを表現した5分間の物語を奏でていく。音に耳を澄ませ、光をそっと見つめる──音に音色があるように、光にも音色があるのではないだろうか?──そして、これまでのこと、これからのことに想いを馳せてみる──そのとき、この《光の音色》は、望む未来へ向かおうとする勇気や希望のように、この宙に高らかと響き渡ることだろう。

KAWASE Kohske “a tone of light” 2012

This is an installation art work for music and light. It represents everlasting time changing and the life of magnificent nature as 5 minutes long story. Listen to the music carefully and gaze the light quietly. And, think fondly about the things from the past to the present and the future. Then, this “a tone of light” would be echoing as courage and hope for seeing the brighter future in this universe.

《光の音色》in 総持寺 2014

[展示歴]
2014 BankART LIVE IV – Landmark Project V @ 神奈川県庁舎 屋上 2014 スマートイルミネーション鶴見 @ 総持寺
2013 スマートイルミネーション新治
2012 ライトアート・エンターテインメント2012 東京スカイツリー
2012 スマートイルミネーション横浜2012 2012 香川県・高松市 栗林公園

Next Post

Previous Post

© 2017 川瀬浩介|KAWASE Kohske

Theme by Anders Norén